読書

【本】読書家につける薬 - ショーペンハウアー「読書について」

本ばかり読むと馬鹿になる 本を読むと知識が身につく。物知りになる。また、自分とは違う考え方や知見を知ることができる。読書は良いことばかり。そう思っている人には、次の文章を読んでもらいたい。ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの「読書について」…