【時事】核兵器禁止条約交渉 日本は不参加

 核兵器禁止条約交渉 日本は不参加を表明
3月28日 7時13分 NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927011000.html

 残念なニュース。不参加の理由は以下。

外相 核兵器禁止条約交渉「対立深め逆効果に」
3月28日 15時06分 NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927211000.html

岸田外務大臣は、閣議のあと記者団に対し、核兵器を法的に禁止する条約の制定を目指す国連での交渉に、日本が参加しないことについて、交渉には核兵器保有国が参加しておらず、非保有国との対立を深め逆効果になりかねないとしたうえで、双方が、ともに参加する枠組みで議論することが現実的で、核廃絶に向けた最短の道だと強調しました。


 ということらしいが、朝日新聞東京新聞では「アメリカに配慮」と報道。

■米に配慮、「橋渡し役」放棄 核禁止条約交渉参加せず
2017年3月29日05時06分 朝日新聞DIGITAL(下司佳代子 ニューヨーク=松尾一郎、金成隆一)
http://www.asahi.com/articles/ASK3X5HFZK3XUHBI029.html

 親密ぶりが演出された先月の日米首脳会談では、日本の働きかけで共同声明に米国の「核の傘」による日本の防衛が盛り込まれた経緯もあり、条約に反対する米国と歩調を合わせる道が妥当と判断した。

■日本、核禁止交渉に不参加 米トランプ政権に配慮か
2017年3月29日 朝刊 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201703/CK2017032902000115.html

 同条約は昨年末の国連総会本会議で、制定交渉開始の決議案は賛成多数で採択された。日本は反対したものの、岸田文雄外相は「被爆国として主張すべきことは主張したい」と交渉参加の意向を示していた。

 だが、トランプ政権は「北朝鮮が条約に同意すると誰が信じるのか」(ヘイリー国連大使)と条約に強硬に反対。北朝鮮による弾道ミサイル発射も相次ぎ日本政府は方針転換した。

 

  そして、こんな記事もあった。

■あなたがここにいてほしい…核禁止条約の日本席に折り鶴
2017年3月29日14時59分 朝日新聞DIGITAL(ニューヨーク=松尾一郎)
http://www.asahi.com/articles/ASK3Y45D7K3YUHBI00W.html

 記事には「会議をボイコットした日本政府に対する落胆と批判のメッセージ」と書かれている。

 

======

■橋下前大阪市長 トランプ政権から日本に外圧を
3月28日 6時22分 NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927081000.html

 見出しだけではなんのことか分かりにくい。どういうことかというと。

アメリカを訪れている橋下前大阪市長が講演し、日米同盟について、「日本もやるべきことをやらなければいけない」と指摘したうえで、日本人が自国の防衛についてしっかり考えるようになるよう、トランプ政権から外圧をかけてもらいたいと訴えました。

  「あいつに圧力をかけてくれ」とお願いすることはあるとしても、「自分に圧力をかけてくれ」というのは珍しい。自分たちでは世論を動かせないからアメリカに頼る、という情けない話だと思う。このニュースを保守の人たちはどう思うのだろう。核兵器禁止条約への不参加も含め、こんな態度では「愛国心」なんて持てないと思うのだけれど。

 

======

 一方、当のアメリカでは。

■トランプ氏、支持率36% 就任後最低、法案撤回響く
2017/3/29 11:56 共同通信
https://this.kiji.is/219650842186727433?c=39546741839462401

 トランプ大統領が公約に掲げていた医療制度改革オバマケア)を廃止する法案が、共和党内の反発にあい撤回したことが響いた、との見方。